レーシックでは食生活などに関する制限は生じるのか

病院にて手術を受けた場合は、生活に関する様々な制限が生じる事があります。特に胃腸に対する手術などは、その傾向が顕著ですね。
例えば病院にて、内視鏡の検査などを行ったとします。その場合は、当日中は食事に関する制限が生じる事も多いのですね。特に腫れ物などを切除した時は、色々と食事に関する制限が生じる事が多いです。
そしてレーシックというのは、もちろん眼球に対する手術を行う事になります。上記のような話を踏まえますと、やはり食事などに関する制限が生じるのではないかと、少々不安になってしまう方も見られます。
特に心配な方々が多いのは、アルコールですね。普段からお酒を飲むとなると、やはり内視鏡と同じく制限が生じると不安な方々も見られます。
まず前者の食事ですが、特に問題はありません。普段通りの食生活を継続しても、全く支障は無いのですね。
ただちょっと気をつけた方が良いのは、アルコールを飲む方々です。やはりそれは、眼球に対して少なからぬ影響があるのですね。当日と翌日は、お酒を控えるように言われるケースが殆どです。逆に3日目以降ならば、アルコールに関する制限などは特にありません。
ちなみにそのお酒に関する考え方は、それぞれの病院によって若干違います。中には4日目以降でないと難しい病院もあるので、担当病院に確認するのが無難でしょう。